ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

健康経営

健康経営優良法人認定制度

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。
この制度は、「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」の2部門に分けられており、各部門において「健康経営優良法人」が認定されます。

  • ※制度や申請書類などの詳細につきましては、経済産業省のホームページをご参照ください。

健康宣言

健康経営優良法人に認定されるためには、はじめに健康宣言を行う必要があります。健康宣言とは、企業が健康経営優良法人の認定を目指して企業全体で従業員の健康づくりに取り組むことを自ら宣言するものです。
当健保組合でも、「健康宣言」に取り組む事業所を募集しています。
「健康宣言」にエントリーすると「健康宣言の証」が各健保連都道府県連合会より贈呈されます。

ページトップへ